言えなかったことをここに書く

ほんとはあの時言えたらよかったんだけど。

ブログ畑でつかまえて

初めてインターネットに自分の居場所を作ったのは16歳の頃。どうしても携帯電話が欲しくて無理を言って買って貰ったのをよく覚えている。

初めてパソコンでインターネットをしたのはそれよりもっと前で。熱心な友人たちがメモ帳を駆使して自作のサイトを運営していた。それがとてもとても羨ましくて。掲示板に普段話すみたく馴れ馴れしく書き込みをしてネチケットについてひどく怒られた。今はネチケットなんて、もう古いのかしらん。

そうやってインターネットに慣れた子達が周りには多かったから早く自分も居場所が欲しかった。買ってすぐ、日常で言えない事を書く場所にとブログを作った事もよく覚えている。

あの頃はブログ全盛期だったのかな。SNSはモバゲー、mixiが爆発的に流行っていたけれど、わたしにとってインターネットは現実世界の友達と繋がる手段ではなくて現実とは別の世界だったから、ブログで全く知らない人の日常を眺めている方が楽しかった。

ブログを通じて現実で会った人も何人かいるし、探そうと思えば見つけられるだろうけれど、今は全くどうしているか知らない。ブログを通じて出会った人が現実を侵食し過ぎてうまくいかなくなってしまったので、やっぱりわたしにとってインターネットは別世界と捉えるべきなのかもしれない。

とはいえ、わたしはこれに懲りずに避けていたSNSに手を出し、ちょっと前までFBを使って同じ会社の人にちょっかいをかけまた現実世界で爆死したり、リアル知り合いから離れればいいのではなどという安直な考えでマッチングアプリに手を出したりしてこじらせながらもインターネットを辞められずにいる。(FBとマッチングアプリはやめた)

失敗しても現実とは別の世界だってわかっていてもやっぱりインターネットは面白くて、便利で時に助けられて。現実のわたしがヘラヘラ笑ってこっそり楽しく過ごす為の居場所なんだと思う。

 

 

今週のお題「わたしのインターネット歴」