私生活

ネガティブが治らない。色々こじらせている人の雑記

2019.9.16 インスタに学ぶ

三連休〜。いかがお過ごしですか。自分は毎度おなじみ寝過ごして暮らしています。また寝過ぎて体が痛い。寝て起きてを繰り返す合間にたまたまかわいくてたまらないインテリアをコーディネートしているお部屋を発見してからというもの、インスタを漁るように見ては目の前の汚部屋から目を背け丁寧な暮らしに思いを馳せるなどしていました。部屋を綺麗に保つ上に、季節感まで取り入れて暮らしを楽しんでいる人ってすごいなあ。(溜息)あまりに部屋が荒れすぎているとどこから手を付けていいのかわからなくなるのです…(捨てろや)

そしてインスタのもう一つの楽しみ方といえば(?)投稿者さんによって熱心に描かれた漫画。孤独をこじらせた自分がなぜだか婚活漫画を読んでしまい、その漫画の話があまりにも良かったので少し価値観が変わりそうです。すぐ影響されてしまうのね。

自分はずっと、人と一緒にいる事とか結婚は向いてないだろうし誰にも迷惑かけたくないから、たまにどうしようもなく寂しさを埋めたくはなるけれど、基本は孤独と戦って生きていくしかない。と強く思っていて。薄給でも贅沢せず人を当てにせずなんとか生きていかねば。という気持ちばかりで。結婚願望も常に無いと言い続けては周りをドン引きさせてきました。

しかしながら、一人で生きていくのももしかしたら限界があるのかも?と漫画を読んでいて気づかされ。人に迷惑をかけないために戦略的に一緒に生きる人を探す、という手段もアリなのかな?と思えてきました。この価値観の変化は大いなる一歩です。そうと分かれば部屋を片付けて外に出なくては。休みが終わってしまう前に。

2019.9 つながりたいけどつながれない。

いつも色々うまくいかなくなったら結局ここに帰ってきちゃうのね。

ここに日記を書いていない間、無かったことにしたい事がたくさん起きてしまった。

孤独な気持ちをこじらせてしまいすぎて、何故だか急に出会い系の沼に落ちてはせっせと知らない誰かと連絡を取り。会ってはうまくいかないという学習能力の無さ。それでも何故かしぶとく誰かを探していたら夏がきて。偶然、気が合うかも?と思える人が現れて楽しく夏を過ごしていたのだけれど、やっぱり会うとダメだった…うまくいかないのね、全く。インターネット経由で恋のようなものばかり繰り返してきては孤独を埋めようとしてきたけれど、すごく今更気付いたのは、多分このやり方は向いていないなあという事。いよいよずっと逃げてばかりいた現実に目を背けず、目の前の人間との関係性を大事にしていく事に向きあわねばならない時が来たのかもしれない。それがダメなら本格的に孤独と向き合うしかない。

まず直近の目標として、自分の為に頑張れる、努力ができるようになる事から始めるべきなのかもしれない。

森へ〜令和最初のネガティブ発言〜

f:id:callingU:20190506225750j:plain

基本的に祝日や長期休暇なんてあんまりいい思い出も無くて好きじゃないのだけれど、今日で休みが終わって日常に戻ると思うと終わらないでほしい気持ちというか。

なんというか。単刀直入に言うと、誰もがそうだろうけれど明日仕事に行きたくない。

そんな気を紛らわすために少し。思えば社会人になってから、今回のように旅行に行ったのは初めてだったかもしれない。なんせ自分という人間はひどい出不精で、めんどくさがりで計画的に動くなどを苦手としている。

正直今回は、ひどい見栄を張るために旅に出たと言っても過言ではない。休みが10日もあって、その10日間どこにも行かずにひたすら惰眠を貪り、誰とも会わずに喋り方を忘れて休み明けを迎えるなんて恐ろしくて出来なかった。前社なら土曜出勤やら日曜出勤だのがあって、ワタシ会社の為に仕事しますから旅行なんて!だの言えたけれど。今回は本当にまるっと10日間、自分の好きに使って過ごせだなんて。そんなの今まで自分の意志なぞブレブレで過ごしてきて人間関係もないがしろにしてきた者に突然大多数の国民と同じように休みを与えられた所で。何したら良いんだよ!という話である。

悩んだ所で日々は過ぎていく。慌てて新幹線と宿泊先を予約して。旅先でも誰とも話すこともなく、とりあえず最低限タイムスケジュールを決めて淡々とこなして帰ってきた。それはそれで楽しかったけれど、この思い出をどこに昇華しようか迷っている。(旅行自体は大変楽しく、今後も定期的に自然の多い所に行きたいと思った)

きっと自分は旅に出て、知らない人と話して仲良くなって新しいコミュニティでも作りたかったんだろうか。

自分から話しかけることも出来ない人間が、そんなこと簡単に出来るわけないのに。

旅の途中で見かけた人たちは皆、各々の目的を遂行していた。目的の駅に着くといの一番に飛び出して撮影する人たち、駅ごとのスタンプを集める人、家族の会話を楽しむ人たち。

きっと時間が経てば、この連休中のことなんて忘れてしまうけれど。広い空、どこまでも続く森の中で時間の許す限り彷徨ってみるなどしても

自分の孤独さはきっとなかなか消えないだろう。

帰ってきた日常が、他人の旅行の思い出話が、キレイな写真が。どうか何事もなく過ぎていきますように。とりあえずいつも貰ってばかりいたお土産を、明日は会社でうまく配れますように。

平成さいごのなんちゃらとか

平成最後の日、正直悲しい。

気が付いたら平成ゆとり世代と散々揶揄され、嫌なこともいっぱいあった。

パソコンとインターネット、携帯電話のおかげで良くも悪くも色々あった。

最近ドラマやアニメでよく見るネットの世界の描写。つながりたいけどつながれない。あれを見てるとなんだかすごく複雑な気持ちになって苦しい。

とりあえず何か書いておきたくて書いたけれど言葉が全然まとまらない。

色々な人と日々すれ違うし、出会っては二度と会わないを繰り返して

平成最後の日もひとりだった。誰とも会う気も起きなかった。

 

令和は開き直って一人、旅に出る。きっと素敵な時代にする。

ソメイヨシノ、下から見るか横から見るか

f:id:callingU:20190403225231j:plain

4月になったってことは、またひとつ学生時代が遠のいてしまったってことだし、我らが平成時代もラストスパートだ。なんだか最近切なくて仕方がない。

 

コンクリートだらけのこの街で桜を見るために集まる場所は皆同じで。なんだか人が多すぎて落ち着かず。意外と風が冷たい中で砂埃と戦いながらお弁当を広げてみたりだとかはひとりだとハードルが高すぎるし。しかし、ふらりと電車に揺られてみると、小高い山や線路沿い、河川敷、たいして広くもない公園など。わざわざ見に行くぞ、と意気込んで見に行くような場所でもないところにたくさん咲いているではありませんか。

 

というわけで、ややセンチメンタルになってしまったけれど、インドア派の方は車窓からのゆるいお花見はいかがでしょうか。移動速度が早ければ早いほど、写真はうまくとれないので(添付は道で偶然見かけた桜です。)一人でぼんやり眺めたい場合に限りますが。

 

今週のお題「桜」

2019.3.23 成長

今年に入ってから、いつの間にか周りで結婚したり、出産を控えていたりするという状況を耳にすることが多くなった。そういう年頃なんだろうな。

割と長い付き合いで、頻繁に会うわけでもないんだけれど近況はなんとなく知っていて、同じように年を重ねていたんだと思っていたのになんだか不思議な感じ。

自分だけが微妙に大人になり切れていないのに、周りはどんどん次のライフステージへ進んでいっている。行かないで、いつまでも時間が無限に思えてた頃みたいにくだらない話ばかりして過ごしていたいのに。な~んて思ってるのは自分だけです。

 

何年も前から、困ったことがあったとき、楽しいことがあったとき。日常の些細な事をいつも相談していた、人生の先輩ももうすぐ人の親になる。もう気軽に話せないのかなと思うと少し泣けてしまった。同時に生まれてくる子が羨ましかった。迷ったときの自分を正しく導いてくれて、かと言って強制することもなく。とは言え鬱陶しいときもあったけれど、決して見捨てずタイミングよくいつも気にかけてくれて。

そんな人はどんな親になるんだろう。そして、どんな子に成長していくんだろう。

みんなおめでとう、自分もがんばって日々を生きます。

少しひとりごとでも

いつかどこかで聞いたような無差別な誰かへの心無い言葉が時々ふっと頭を掠めて自由にふるまう事を躊躇ってしまう。

この年齢になったらこんな事は言わないだろうとか、こんな服は着ないだろうとか

だんだん自分が分からなくなってきた。年相応の振る舞いってなんだろな。

 

近頃、あまり喋らなくなった。うまく喋れない。沈黙が怖くてあまり人とも会う気になれない。

とりとめもなくその場しのぎのつまらない会話はいくらでもできるけれど、本当に話したいのはそんなことではないのです。

以前から薄々感づいていたが、頭の中のイメージが具体的な言葉で説明できなくて擬音ばかりでうまく言葉が出てこない自分にがっかりする。

少し前に、今となっては知人と化した人物が「なんて言ったらいいかわからない」という発言をよくしていて、その言葉を聞くたびになぜ話したいことを言葉で表現できないのか意味が分からなくて良くイラついていたが、今なら何となくわかる気がする。

なんだか最近どうでもいい会話をあまりしていないからか、言葉がうまく出てこない、

きっとボキャブラリーが貧困なのだわ。本を読もうか。

手っ取り早く会話をする相手もいないので、無理やり言葉をヒネり出してこの日記を書いています。

せめて面白みに欠けても、伝えたいことがすんなり伝えられる話ができるようになりたい。